イヤホン ガジェット

完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンの雄ソニーWF-1000XM3の徹底レビュー!

2021年1月16日


こんにちは! 時短で稼ぐ人 SonyのWF-1000XM3からAppleのAir Pods proに移行。そしてまたWF-1000XM3に戻ってきたスズヒロです!
スズヒロ

 

通勤や通学のお供といっても過言ではありません。AppleのAir Pods proをしている人を大変多く見かけます。

SonyのWF-1000XM3と比較して、価格にして1万円以上も高い商品がこれだけ売れるのですから、アップルも嬉しいことでしょう!

 

アップルだから!で決めてませんか?
 
 

悩みを持つブロガー
でも、なぜWF-1000XM3に戻ってきたのですか?

 

以下が理由です!

・総評:音がいい
・DSEE HXがついてる
・高音がクリア
・低音もしっかり安定
・総評:ノイキャンが設定がいい
・タッチスイッチで扱いやすい

 
だからといって、全面的にWF-1000XM3を受け入れてるわけではありません!

なので気になる点を明記していおきます!
 

デメリットは!

・デカい
・重い

 
 

本日の記事内容

SonyのWF-1000XM3の音質とノイズキャンセリングの詳細

 

この記事を読んでいただくと:

あなたもきっとSonyのWF-1000XM3に決めようと思います!

 
 


 

最初にはっきり申し上げておきます!

決してソニーフリークでもなければ、アンチアップルでもありません。純粋に両方を使ってみて、それも2周してみて感じたことをお伝えしたいと思っているだけです。

 

ソニーとアップル2製品の特長比較

 

2製品の比較!

SONY WF-1000XM3 AirPods Pro
ノイズキャンセリングオンオフ切替 手動と自動切換えモードあり 手動
ノイズキャンセリングの効き具合い よく効く(ノイズの種類により軽く消す) 強く効く(ほとんどのノイズを消す)
外部音取り込モードの効果 自分の声も普通に聞こえる 自分の声もはっきり聞こえる
イヤチップの大きさと装着感 奥行深めの強く押込む装着 奥行浅めで軽く押す装着
風切り音ノイズ 少々あり
風ノイズ低減モード付き
なし
重量 8.5g 重い 5g 軽い
耐水・耐汗機能 なし あり
音質コントロール DSEE HXオート
イコライザーあり
音質優先モードあり
コーデックはAAC
イコライザーなし
なし
音質 高温クリア
低音:しっかり
高音:くもり感
低音:強い
音切れ 少しある ほぼなし
音声アナウンス あり なし
価格(税込) 20,873円 29,000円

 

音質に影響するコーデックについて

 

あまり馴染みのない「コーデック」についてサクッと解説します。

コーデックとは:Bluetooth通信における音声圧縮方式の名称。主に遅延と音質に関わってきます。

以下表にしましたのでご覧ください!

  • SBC:音楽視聴の標準コーデック
  • AAC:圧縮率は同じ高音質なコーデック
  • aptX:圧縮率少のさらに高音質なコーデック
  • aptX HD:ハイレゾ対応超高音質なコーデック
  • LDAC:ハイレゾ対応神的音質なコーデック

 
また、コーデックの音質について付け加えたものが以下になります。
 

悪:SBC音楽視聴の標準コーデック
↓:AAC:圧縮率は同じ高音質なコーデック ☜ アップル
↓:aptX:圧縮率少のさらに高音質なコーデック
↓:aptX HD:ハイレゾ対応超高音質なコーデック ☜ ソニー
良:LDAC:ハイレゾ対応神的音質なコーデック

 

ポイント

ソニーのDSEE HXオートは、音質をハイレゾ並みにアップコンバートする機能です。これで音質がかなり変わります。

注意

音質は、どの機器から出る音どの機器で聴き取るか、によって異なってくるということは認識しておく必要ありです。

 


 

WF-1000XM3の特徴

 

  • デュアルノイズセンサーテクノロジー
  • 外音取り込みモード

 

①デュアルノイズセンサーテクノロジー

ポイント

外側のフィードフォワードマイクに加えて、音導管の部分にフィードバックマイクを追加し、ノイズをきちんと集音、正確にノイズを把握することで、正確な逆位相のキャンセル波を生成する仕組みを構築。

 

②外音取り込みモード

ポイント

外音取り込みモードを1~20レベルに調整できるようにし、さらに風ノイズ低減モードも加えて、合計22段階から選べるように設定。

 
ソニーの「WF-1000XM3」もっと詳しくと思う方:

>>こちらからソニーのサイト
 

Air Pods proの特徴

 

アクティブノイズキャンセリング
アダプティブイコライゼーション

 

①アクティブノイズキャンセリング

外部の音を拾う外側のマイクを使ってヘッドフォンのドライバーがノイズを打ち消す音を鳴らす。

さらに、内側のマイクで耳の中に入ってきた残留ノイズも検出し、これも打ち消す仕組みを装備。

②アダプティブイコライゼーション

ドライバーからの音⇒鼓膜にぶつかる⇒戻ってきた音内側マイクで拾って調整する機能を備えているんです。

 

2社のノイズキャンセリング感想

 
敢えて、2社の特徴を書きました。正直は感想ですが、実際に装着して聞いてみるとはっきり感じると思います。
 

ソニーのノイズキャンセリングはかなりしっかり消音してくれます。飛行機の騒音軽減として通用するレベルといわれていますよ。

 


 

お気に入りを試す方法

 

 
ソニーは、現在3種類のノイズキャンセリング機能付きワイヤレスイヤホン(ヘッドフォン)を提供しています。
 

・WF-1000XM3 ☞ イヤホンタイプ
・WI-1000XM2 ☞ 首掛けタイプ
・WH-1000XM3 ☞ オーバーヘッドタイプ

 
どの商品も単価が高いのですが、装着感や音を試して購入したいと思う方には打ってつけの方法があります。

それは、今話題になっています家電のレンタルです。

家電レンタルのRentioでは、3泊4日からSONY WF-1000XM3のレンタルをはじめ、様々なヘッドホン・イヤホンのレンタルをしています。

レンタルしてそのまま購入できる製品もありです。

まずはお試しレンタルから検討してみたらどうでしょうかね!

 

まとめ

 
男女二人がパズルのピースをセットしている画像
 

買いだと思います!自分好みに細かく設定できるという点が気に入っています。・重い・デカいは気になりません。自分だけのノイズキャンセリングイヤホンになります。ここが押しですね!

 
イヤホンコードのわずらわしさから解放されて、完全ワイヤレスの時代になりました。

これからもどんどん進化していくに違いありません。

わたしは、少々大柄にもかかわらず、細かく設定できるソニーが気に入っています。間違いなく将来的には、どんどん小型化していくと思いますが。

今もノイキャンオンの付けっぱなしで、ブログに集中しています。
 


 
LDAC対応はこちら!
 


 
大元となったヘッドフォンがこちらです!LDAC・aptX HD対応です。飛行機のファーストクラスでも採用されているヘッドホンです。
 


 

本日は以上になります。

 

この記事があなたの役に立ちましたなら、
下記リンクにてご意見をツイートしていただけると嬉しいです!

ありがとうございました。

ご意見をツイートいただいてスズエヒロを調子に乗せる!
 

スズエヒロユキ

アフィリで稼ぐエコブロガー ・米国SF州立大卒×元会社経営者 ・アフィリエイト×マーケティング×人生100年計画について発信 ・ブログ3本、FBページ、インスタグラム運営中 ・新時代の「ワクワク」を制作 ・面白人生ブログ

-イヤホン, ガジェット

Copyright© iimonolist , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.