【ぺんてるオレンズネロ0.3mm】レビュー:書き続けられる自動芯出し、高級シャープペンとは!

とにもかにも大のモノ好きのスズヒロ@いいものlistです!

 

塾では頻繁にシャーペンを使っています。

生徒のテキストやノートに、ちょっとしたヒントやポイントを書くときに使います。しょっちゅう!!!

スズヒロ

ボールペンだと書き直しが出来ないと思うので、気配りですが!

 

芯が回る、芯が折れにくい、などを経由してとうとうここにやってきました!

 

芯が自動で出てくる「ぺんてるオレンズネロ」!

【ぺんてるオレンズネロ0.3mm】1年保証とその特徴!

定価3000円(税抜き)ですから、保証書ついててもいいかな、と思います。

スズヒロ

でも保証期間は1年です!凄い!

 

 

2017年2月に発売。価格が3,000円にもかかわらず発売当初から大ヒットしたそうです!

アサさん

ネロの特徴

ぺんてる1960年に世界初のノック式シャープペンを開発
・ぺんてるシャープペンのフラッグシップモデル
芯の減り具合に合わせて、ぺん先のパイプがスライド
ペン先のパイプが紙面から離れるたびに、自動で芯が出てくる
マットブラックの細身のボディ
・前軸と後軸に継ぎ目がない、12角形の1本軸
・樹脂と金属粉を混ぜ合わせた特殊素材を使用
低重心のクリップ

マットブラックの質実剛健なデザインはドイツモダン感覚ですね!

アサさん

【ぺんてるオレンズネロ0.3mm】自動芯出しの仕掛け!

この仕掛けがポイントになります!

ペン先から、シルバーの部分がでています。

押すとへこんで、また戻って出てきます!

 

スズヒロ

仕組みはこんな感じだと思います!

 

STEP.1
内部ばねで押し出す
シルバー部分を指で押すと中に入りますが、離すと戻ってきます。
STEP.2
ガイドパイプを押し出す
なので、ガイドパイプが短くなることがないのです。
STEP.3
パイプが紙面にあたる
ガイドパイプは少しだけ中に引っ込みます。
STEP.4
パイプが紙面から離れる1
ガイドパイプが内部から押し出されてきます。
STEP.4
パイプが紙面から離れる2
その時に一緒に芯を引っ張り出すのです。

最初の状態!

ガイドパイプがへこんでます!

1回ノックした状態!

ほとんど芯見えませんが、これで書けます!

説明書付き!

【ぺんてるオレンズネロ0.3mm】低重心の書きやすさ!

重心は、ややグリップよりになっています。

12角形の軸と前方のデコボコが相まって、とても書きやすいと感じます!

 

ほかのオレンズの0.3mm使ってないので、比較できませんが、芯の折れない状態が割と続いています。

 

さらに、ガイドパイプが紙面にガツっとあたる違和感ありません

たまに間違えて1回クリックして、書いたときに芯を折ることがありましたが、

 

それ以外はなしの良!

【ぺんてるオレンズネロ0.3mm】オレンズのラインナップ!

初めてのオレンズがネロなんで、こんなにあるとは知りませんでした!

ラインナップ
「オレンズ0.2」500円(税抜)
「オレンズ0.3」500円(税抜)
「オレンズ ラバーグリップ付きタイプ0.2」600円(税抜)
「オレンズ ラバーグリップ付きタイプ0.3」600円(税抜)
「オレンズ メタルグリップタイプ0.2」1000円(税抜)
「オレンズ メタルグリップタイプ0.3」1000円(税抜)
「オレンズネロ0.2」3000円(税抜)
「オレンズネロ0.3」3000円(税抜)

【ぺんてるオレンズネロ0.3mm】まとめ!

毎日使ってますが、最近はほぼノックする「癖」が取れました。

ずっと気にせず書き続けています。

いや、カッコいい日本の「シャーペン」に巡り合えて嬉しいですね!

この機構はすぐれものです。

 

オレンズネロ「しまい方」の動画添付します!

アサさん

とにもかにも大のモノ好きのスズヒロ@いいものlistでした!

LINE友達追加
スズヒロのLINEスタートしました!
ここでは、更新情報はもちろんですが、ブログではちょっと控えておこうと思っているような「本音」トークもお話します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です